あわじしま トイフラワー号

  • フェイスブック
  • ブログ

おもちゃをはこんでくるおふね

トイフラワー号はおもちゃをはこんでくるおふね

成長著しいこどもたち、色々なおもちゃで沢山の体験をしてほしいのが親心。でもどこに行けばよいのか分からず、遠いと行く気にもなれません。そんな親子のために、おもちゃコンサルタントのトイフラワー号船長が、おもちゃに出会えるところを提供します。


あそべるところ

1. トイフラワー号のおもちゃ広場

淡路島内であればどこでも、おもちゃ広場を開催させていただきます。グッドトイに選ばれたおもちゃや、海外のおもちゃ、日本の作家さんのおもちゃなどで、こどもたちが自由にあそべる広場です。人数や場所のご相談もさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。

2. 乳幼児向け「おもちゃのへや」

0〜3歳対象。場所見知りや人見知りする乳児期でも、ご家族でゆっくりお子様の好きなおもちゃ探しができるよう、自宅にプレイルームを設けています。おもちゃコンサルタントが、1つ1つ紹介させていただきます。お子さんのペースや反応を大切にしたいので、ご家族でのお申込みのみとさせていただきます。要予約。

3. カフェの片隅におもちゃコーナー

親子でゆったり過ごせるよう、淡路島各地のカフェなどでおもちゃコーナーをつくらせてもらいました。置いているおもちゃは少ないですが、定期的におもちゃが代わるので様々なおもちゃに触れることができます。

船長の活動記録ブログ


コラム

おもちゃはこどもに与えるはじめての選択肢

私が新米ママだったある日、旅行先で不思議なおもちゃ屋さんを見つけました。そこはお店というよりはお家で、部屋中がおもちゃで埋め尽くされ、好きなだけおもちゃで遊べるようになっていました。生後5ヶ月の長女は大泣きしていたのですが、店員さんが「これ、いい音がするのよ」と差し出してくださったおもちゃの音でピタッと泣き止み、夫と2人でとてもびっくりしました。そのときに色々なおもちゃでたっぷり遊ばせていただき、悩んだ末に買ったおもちゃは3年経った今でも現役で、次女も一緒に遊んでいます。
その後、声をかけてくださった方がおもちゃコンサルタントだと知り、自分の子育てに生かせるかもと勉強をはじめました。すると、インターネットを検索しているだけでは分からないおもちゃの面白さに気づきました。病児用につくられた木製のお医者さんセット、樹種で音階を表現した木琴、指先で触れるだけでまわるコマ、など、実際に使わないと分からない動きや音や感覚を楽しむものがとても多かったのです。作家さんにも沢山出会いました。

トイフラワー号は「島のこどもたちにも色んなおもちゃで遊んでほしい!」という気持ちからスタートしました。船をモチーフにした理由は2つ。1つ目は“島外にあるものを島に輸入する”、2つ目は“島内ならどこへでも行く”です。これまで開催したおもちゃ広場では、こどもたちがいつも目をキラキラさせ、思いもよらない遊び方をして、大人たちを笑顔にさせてくれます。淡路島の面積は東京23区くらいだそうです。おもちゃ屋さんの数はかなわなくても、同じくらい身近になるように、色んな場所で、色んな形でおもちゃをお届けしたいと思っていますので、どうぞみなさん遊びにいらしてください。

船長 松本 恵里奈   


おといあわせ

お気軽にお問い合わせください。